楽園インプレッション

ホーム旅行記壁紙スクリーンセーバーフォトギャラリーベストシーズン南の島マスターリンクヘルプ
 

南の島マスターへの道


サイト内 関連リンク

旅行記&渡航情報
楽園フォトギャラリー
ベストシーズンカレンダー

お役立ちリンク

外務省 海外安全ホームページ
世界の天気予報
為替レート換算

海外ツアーのご案内

アジアビーチ (セブ・バリ・サムイ)
ミクロネシア (グアム・サイパン・パラオ)
南太平洋 (フィジー・タヒチ)
インド洋 (モルディブ・セイシェル)

マスターとは達人なり !!

 自分が旅の達人と言う訳じゃないけれど、南の島へのダイビング旅行も数を重ね、それなりにいろいろな経験ができました。最初のころは失敗することもあったけど、だんだんと南国旅行が上手に楽しめるようになったので、旅を通して学んだテクやノウハウを少しだけ紹介します。みなさんも「こんなアイデアあります」とか、「こんな工夫してます」なんてのがあれば、是非教えて下さい。一緒に南国旅行の達人になりましょう。

旅の荷物は少なく軽く

 自宅から空港への移動、空港施設内の移動、到着後ホテルへの移動など、荷物が重いのは意外とつらい。トラベルダイバーの場合、更にダイビング器材カメラ器材などが加わり、重さはハンパじゃない。旅に持って行く荷物はできるだけ少なく軽い方がいいんだけど、行ってからあれがないこれがないは避けたいところ...

パスポート、エア・チケット、クレジットカード+現金少々

 とにかくこの3点は必ず持ち物チェックをしよう。逆に言えば、これ以外のものは万が一忘れても、現地でなんとかなる、ぐらいのお気楽さでドーンと構えていればOKです。出発前にあれこれと神経質になってチェックを始めると、行く前から疲れちゃうしね。現金はチップとかカード払い不可の場合に必要です。それから、あなたがトラベルダイバーならば、Cカードログ・ブックは忘れずに !

※ 実際、現地の街やリゾート内のショップでたいていのものは買えます。ダイビングの器材も、ダイブ・ショップでレンタルできる場合が多いです。但し、絶海の孤島や、ごく小さい村(リゾート)などに行く場合は、もう少し入念な持ち物チェックをした方が無難です。クレジットカードは海外旅行保険が付いているものがいい。但し、補償の内容や範囲は事前に要チェック。

Tシャツ、短パン、ビーサン

 現地はどうせ常夏なので、持って行く服はTシャツ・短パンなどで十分です。洗剤を持っていけば、Tシャツやパンツも洗えば少ない枚数でOK、天気が良ければすぐ乾いちゃいます。ですが、高級レストランに行く場合は、ある程度正装する必要がありますので、気を付けて下さい。一般的に、リゾートでの正装(リゾート・フォーマル)は、サマードレス(女性)とかポロシャツ+チノパン(男性)で十分通用します。まあ、叶姉妹じゃないので、ほどほどでいいと思います。

ウィンドブレーカー

 ひとつ持って行くと、いろいろ活用できて便利なウィンドブレーカー。できればコンパクトにたためるタイプのやつがベター、ナイロン素材ならば比較的安価で手に入ると思います。飛行機の機内や空港は意外と寒かったりするので、ちょっと羽織れば快適。また、多少の雨なら防げるし、ダイビングの時はボートコートの代用にもなる。これは便利なアイテムなのです。

※成田国際空港公式WEBサイト - トラベルチェックリスト

トラベルダイバーの極意

 「極意」なんて少し大げさですが、トラベルダイバーにとってダイビング器材の重さは、深刻な問題です。なんとか少しでも軽くするために、みなさんいろいろと工夫をしていることと思います。自分もちょっとした工夫というか、悪あがきをしていますので、紹介します。

ウェットスーツは3ミリ

 日本人ダイバーの多くは、3ミリではなくて5ミリのスーツを持っているようです。確かに5ミリの方が対応できる水温の幅が大きいですから。ですが南の島のダイビングでは、ほとんどの場合、水温が25℃以上あります。なのでスーツは3ミリで十分。もし心配ならば、サーファー達がよく着ているラッシュガードを中に着れば完璧です。3ミリは5ミリに比べて、単純計算で40%も軽いですよ。

フィンは裸足でフルフット・タイプ

マナ愛用 Mares Avanti Tre  多くのダイバーはブーツをはいて、ストラップ・タイプのフィンを使っていると思います。国内ダイビングではビーチエントリーでゴロタを歩くことが多いので、必然的にそうなりますよね。南の島のダイビングでは、ほとんどの場合ボートダイビングですから、ブーツは必要ありません。ぜひ裸足ではくフルフット・タイプのフィンを試して下さい。たかがブーツの重さと侮ってはいけません。厚いゴムソールですし、濡れたりすると更に重くなります。

※ グアム・サイパン・バリなど、ビーチエントリー・ポイントが多いエリアもあるので、事前にダイブ・ポイント情報を集めることも忘れずに。珊瑚礁のビーチを歩いてエントリー、なんていうポイントは、裸足では絶対ムリです。

デジカメ+防水プロテクタ

マナ愛用 OLYMPUS デジカメ+防水プロテクタ  本格的に水中写真をやっている方は別にして、お手軽に水中写真を楽しみたいなら、コンパクトデジカメ+防水プロテクタがおすすめ。なにしろ、陸上も水中も一台のデジカメでOKですから、荷物も軽くてすみますよね。最近のデジカメは小型・軽量・高性能ですから、予算さえあればかなり軽くできるでしょう。

 もちろん専用の防水プロテクタが無いモデルもありますが、これも予算次第でオーダーできます。あと、デジカメなら水中でバシバシ取りまくって、後で気に入ったショットだけ残せばいいわけですから、フィルム写真よりもベストショットが増えますよ。

※主要航空会社手荷物リスト(受託手荷物無料許容量)

少しの備えでもっと楽しく

 そもそも旅をするということは、楽しむことが大きな目的。その為にはある程度の備えは必要です。それで旅がもっと楽しめるなら、こんな素敵なことはないですね。おかしなもので、そうした事が旅先で活かされると、旅の満足度がぐーっとアップするものです。そこで、自分なりに実践していることを少し紹介します。

風邪は絶対ひかない

 これは最も基本的なこと、出発前の健康管理は大切です。風邪の季節はうがいをしたり、通勤電車ではマスクをするなど、ちょっとしたことで予防できます。インフルエンザの季節は、少し高いですが予防接種を受けるのもいいと思います。風邪をひいていては、食事が美味しくないし、観光してても活発に行動できないです。特にダイバーは耳抜きがスムースにできなくなるので、現地でダイビングをキャンセルするはめになりかねません。

アウトドア系デイパック

マナ愛用 Coleman デイパック 荷物はトランクだけでなく、状況に応じて手荷物にも分散して入れましょう。おすすめはデイパック。背負えるから両手がフリーになり、現地で観光するときに重宝します。ダイバーの場合は、トランクやコンテナが空港で重量オーバーになりがちですが、洋服など一部の荷物を初めからデイパックに入れておけば、重量を分散できます。
 お土産を買い過ぎたとき、トランクに入りきらなくても、デイパックに入れることができます。なので、グレゴリーとかコールマンなど、しっかりとしたアウトドア系のものがおすすめです。

歴史・文化・習慣を知る

 最近は、民族や宗教に端を発した地域紛争やテロが絶えません。出発前に渡航先の国の歴史・文化・宗教・習慣・風俗などを少しだけ勉強しておくと、トラブルに遭いにくくなるし、現地の人々との交流がより楽しくなります。東南アジアやミクロネシアの歴史は、日本と密接に関係しています。また、仏教・キリスト教・ヒンドゥー教・イスラム教など宗教もさまざま、文化や風習もそれに応じてとても多様です。市販のガイドブックに書いてある内容を読むだけでも、その国がぜんぜん違って見えるものです。特に宗教と食文化は要チェック!

南の島ではこう楽しむ

 外国に行っていつも思うことは、日本の文化や風習はとてもユニーク(他に無いという意味)なんだなあ、ということ。その分、現地でいろいろなカルチャーショックが体験できるので、得と言えば得なんですが。

地元の人の「足」を体験する

オートリキシャ(インド) 例えばインドならば「オートリキシャ」、フィリピンなら「ジプニー」や「トライシクル」、タイなら「トゥクトゥク」や「ソンテウ」などなど。日本ではまず体験できない乗り物なので、是非トライして欲しいです。地元の人々と同じ目線で景色を見ることができますよ。運転手さんとおしゃべりするのも楽しいです。

※ 観光客が利用する場合、料金メーターなどがあったとしても、運賃は交渉制の場合が多いです。たいてい観光客相場のようなものがあるので、あらかじめ相場を知っておくと上手に利用できますね。

リラクゼーション

 昨今は、タイ式、インド式、韓国式、台湾式、英国式など、いろいろなタイプのマッサージ・サロンが存在し、リラクゼーションのニーズはとっても高い。でも、普段はなかなか行く機会はないもの。そこで旅行に行ったときぐらい、思いっきりリラックスしちゃいましょう。アジアの国々では、国ごとにオリジナルなマッサージ方法がある場合が多く、これもひとつの異文化体験です。街のマッサージ店にいくもよし、ホテルでお願いするもよし。

地元の料理とお酒

シンハー(タイ) 所変われば食も変わる。とにかく現地の料理は絶対にトライしよう。今はどこの国に行っても日本料理店やマクドナルドがあったりするけど、せっかくの旅です、いい想い出になるので、滞在中一度は地元料理を。もしお酒が飲めるならば、それも試してみよう。特にビールなどは気軽に楽しめるはず。ビンタン、シンハー、サンミゲル、タイガー、フィジービター、オリオンなどなど、美味しい地ビールがあなたを待っています。熱帯の風に吹かれて、ビールをぐっとやる、それだけでもう最高だー!

※ 発展途上の国では、衛生面での対応が不十分なところもあります。地元の料理をオーダーするにも、最低限の注意は必要です。基本的に、生ものや生水は避けた方がいいでしょう。サラダなども、野菜を洗った水が不衛生なこともあります。

地元のスーパーマーケット

 スーパーマーケット、そこは国家の縮図。行けばその国のことがよーっく分かるものです。どんなものを食べて、どんな服を着て、どんな音楽が好きで、どんな本を読み、どんなお菓子があるのか、などなど。中には日本製品や、日本のコピー製品があったりするので、そんなのを探すのも結構楽しいです。お土産にとってもいい掘り出し物が見つかることも多いので、絶対おすすめ。

さいごに

 だらだらと勝手なことを書いてみましたが、結局それぞれが旅先で楽しく過ごせれば全て良し、な訳ですね。旅先でちょっとぐらい失敗しても大丈夫、ローカルマーケットでボラれたっていいじゃない、後になればそれも楽しい想い出話になるもんです。とにかく旅先では笑顔&ポジティブ・シンキング!また旅に出て気がついたことや、面白い体験ができたときには、すこしづつ書きたしていこうと思います。



このページのトップへ


ホーム旅行記壁紙スクリーンセーバーフォトギャラリーベストシーズン南の島マスターリンク
このサイトについてプライバシーポリシー免責事項お問い合わせサイトマップ

Copyright © 2000-2006 Rakuen impression. All rights reserved.

total:  today:  yesterday: